Menu

緑のカーテンで「壁面緑化」してみませんか?

街で見かける壁面緑化

商業施設やオフィスビルなんかで壁面に植物が植わっているのを見ることありますよね。こういった壁沿いに植物を植えることを壁面緑化と言うんです。きれいに緑化されていると景観も良いいですし、緑に囲まれると気分も良くなります。それだけではなくて壁面緑化をすると省エネ効果も得られます。

壁面に植物があると日差しを遮ると共に、植物の蒸散作用で発生した水蒸気の気化熱によって周辺温度が下げられるという効果があります。そうすると、卑近な点ではエアコンの電気代が抑えられるといううれしい効果があります。もっと大きな視点でいえば、節電によってエネルギーの無駄をなくすことや、植物が温室効果ガスの一つである二酸化炭素を吸収してくれることは地球環境の改善に少しずつでも役に立ちますよね。

手軽においしく!?緑のカーテン

環境にも経済的にもメリットあり、とはいっても大規模な商業施設の壁にあるような大掛かりな壁面緑化は個人のレベルでは手の届かない話ですよね。そこで家庭でチャレンジしやすいものに「緑のカーテン」というのがあります。これはつる性の植物を建物の壁面を覆うように育ててカーテンのようにするという方法です。この方法でも先ほどいった様なエアコンの電気代を抑える効果が期待できます。

では何を植えればいいかというと、例えばアサガオで緑のカーテンを作れば、壁沿いにきれいな花を咲かせることができて、朝からすがすがしい気分になれそうです。ほかにはゴーヤーやキュウリ、インゲンなどの野菜で緑のカーテンを作ることもできます。うまく育てられれば新鮮野菜を収穫することができるわけですから、植物を育てるモチベーションも上がりますよね。一度試してみてはどうでしょう?

壁面緑化を施すことで建物内の温度上昇を抑えることができるので、空調費の削減に繋げられます。都市部でのヒートアイランド現象の緩和にも効果が期待されています。