Menu

細かな部品も重要!?機械式時計のベゼルとリューズの手入れ

機械式時計の繊細なメンテナンス

機械式時計は、ぜんまいを動力としている時計であり、電力で動くクォーツ時計などとは異なります。ぜんまいを動力としているほか、細かはなりの動き、精巧なムーブメントが魅力であるので、常にメンテナンスをすることが重要です。メンテナンスを怠ると、汚れや傷が目立つばかりではなく、正確な時刻を刻むことができなくなってしまいます。

ベゼルとリューズとは

ベゼルやリューズとは、多くの時計についている部品であり、時計の働きを正確に作動させるために非常に重要な部品です。ベゼルとは、時計の風防の周辺にとりついているリング状の部品であり、リューズとは文字盤の3時の位置についている部本です。リューズは時刻を合わせる際に使うほか、カレンダーを調整する際にも回して使います。

ベゼルとリューズの日々のメンテナンス

ベゼルとリューズは日々メンテナンスすることによって、常に正確な時刻を刻むことができます。気がついたときにメンテナンスすることが重要ですが、本体部分であることからも水にぬれた付近などを使用することは厳禁です。ベゼルやリューズの部分は、非常に細かくクロスでふき取ることは難しい部分といえます。そのため、メンテナンスはクロスで無理に行うのではなく、ブラシを使用するとよいでしょう。ふちに沿う形でブラッシングをします。リューズは細かなクロスや綿棒を使用し、根元部分や溝を丁寧に掃除します。

ベゼルとリューズの一歩進んだメンテナンス

日々メンテナンスをしていても汚れは溜まっていきます。一歩進んだメンテナンスが必要ですが、リューズロックを外し、リューズを抜いてはいけません。本体の内部に汚れやほこりが入ってしまう可能性があります。より丁寧にメンテナンスする場合は専門家に依頼するとよいでしょう。

スイスの高級時計メーカーであるパテックフィリップは、世界3大高級時計メーカーのひとつと言われています。1839年の創業当時から「世界最高の時計をつくる」という社是を掲げています。