Menu

ペットを買おう!ペットの主な入手手段3つ

ペットショップで購入する

ペットの最も簡単で基本的な入手手段はやはりペットショップでの購入でしょう。様々な動物を取り扱っているため自分がどんな動物を買いたいのかがよくわからない場合でも、とりあえずペットショップに行って動物を見て回ることで自分が何を飼いたいのかが徐々に分かっていきます。ペットショップでは店員さんから基本的なその動物の飼育方法を聞くことが出来るのに加えて、ペットを飼育する上で必要なアイテムを一通りまとめて購入することができるため非常に利便性が高く、初めてペットを買う場合は特に良い方法と言えます。

ブリーダーから購入する

ペットの繁殖や飼育を専門的に手掛けるブリーダーから直接購入するという方法もあります。ペットの販売を行っているブリーダーを見つけるには、インターネットで検索して調べるか、知り合いのつてで紹介してもらう方法などがあります。店舗を構えているわけではないので全体的にペットショップで購入するのと比べて敷居が高くなる事は否めないでしょう。しかし既に買いたい動物の種類が決まっている場合はブリーダーから購入したほうがより厳選された美しいペットを買うことができますし、その動物の専門家であるブリーダーからより詳しく高度な飼育方法を聞く事などもできるのがメリットです。

保護施設に居るペットを引き取る

保護施設で里親を待っているペットを引き取るという方法もあります。こちらは捨てられたりなにかの事情で手放された動物ですが、保護施設側で人に慣れるよう訓練されている事も多く、ペットにすることに問題は無いでしょう。引き取ることで不幸な動物を少しでも減らすことができるため、動物を助けてあげたいという思いが強い場合は保護施設から引き取るのも良いでしょう。

子犬販売なら東京都のブリーダーを一度訪れてみて下さい。親犬や子犬を実際にみて観察して血統の良し悪しを見極めることができます。