Menu

アンティーク家具を用いてムーディーな雰囲気の店を作る!

アンティーク家具は家庭用というわけではない

アンティーク家具は、日本において家庭用の商品として認識されているようなところがあると言われます。しかし、実店舗やネットショップで購入した商品を業務用に使ってはならない、という事はありません。購入したものは、自分が経営する店などで実用品として使用したりインテリアとして置いておく事ができます。

店にアンティーク家具を置くとどうなる?

例えば、欧州で実際に長く使われてきたものを輸入・販売している店からアンティーク家具を店に置けば、ヨーロッパ的な雰囲気を醸し出す事ができます。特に西洋料理店や、英国のティータイムにおいて人気の飲み物・食べ物を提供する喫茶店あたりでは、店のコンセプトに合う内装に仕上げられます。そして内装の良さが高評価の要因となって店が繁盛したような場合は、高い初期費用がかかったとしても中長期的には元を取る事が可能です。

少しずつ置くものを改良していく

店用に100万円をかけてたくさんのアンティーク家具を揃えたとしても、同じものを長く置き続けるのは得策とは言えません。同じ内装のままの状態が続くと、お客さん側もいつもと変わらない雰囲気に飽きてしまう恐れがあります。顧客に非日常的な時間を楽しんでもらうためにも、現状の商品よりも良いアンティーク家具が見つかったら、お金を惜しまずに必要経費と考えてどんどん購入していきましょう。さらに配置を定期的に換えたり様々な努力を重ねれば、いつまでも顧客に愛され続ける店でいられる事でしょう。使わなくなった家具については、自宅で使用すればOKです。

アンティークとはフランス語で骨董品のこと。製作されてから100年経っていない家具でも、アンティーク家具として市場に出回っています。