Menu

電子タバコは健康にいい!?メリット・デメリットとは

電子タバコのメリット・デメリット

タバコよりも電子タバコを利用している、という人が徐々に増えてきています。
電子タバコとは、タバコ葉ではなくニコチンなどを含んだ液体を電気を使って加熱することによって、その水蒸気を吸引するというものになります。
この電子タバコのメリットとしては、紙巻きタバコは火をつけることでニコチンを吸収するのに対して、燃焼させずに加熱することによってニコチンなどを摂取するため火事になる心配がないということが挙げられます。
また、タールなどの有害物質の発生が少ないため、受動喫煙なども減らすことができ、紙巻きタバコよりも健康的だと考えられています。
ただし、デメリットとして手入れやメンテナンスが大変だったり、初期投資を始め費用がかかる、充電が面倒臭いなどがあります。

電子タバコの選び方とは

電子タバコを選ぶ場合には、使い捨て式とリキッド充填式の2種類を選ぶことができます。
中でもリキッド充填式は、セラミックコイルタイプ、ボトムコイルタイプ、トップコイルタイプに分けられます。
セラミックコイルタイプは味に雑味や焦げ臭がなく長持ちするため上質な煙を楽しむことができ、ボトムコイルタイプはボトムから液体を供給して蒸発させます。トップコイルタイプに比べて味や煙が良質で現在の主流です。
トップコイルタイプは、アトマイザーにコイルが一体化しているタイプで初心者にオススメです。小型で持ち運びしやすく、コンビニなどで手に入れられます。
メンテナンスが面倒な人には使い捨て式がオススメです。少し割高ですが、電子タバコを試してみたいという人にも向いています。

新型の電子タバコを確実にゲットする手段として、公式サイトや取り扱い店舗で発売前に予約をしておくという方法があります。