Menu

市街地でも森林浴が可能?屋上緑化を取り入れて環境を改善しよう!

都市部で屋上緑化が進んでいる理由

建物の屋上に植樹を行って緑を茂らせる屋上緑化は都市部の環境を改善させる手段として注目されています。植物は温暖化の原因である二酸化炭素を吸収する性質があるので、都市部に見られるヒートアイランド現象の抑止が期待されるためです。都市部は自動車やエアコンの室外機など二酸化炭素を含む排気ガスが大量に発生する環境のため、急激に温度が上昇するヒートアイランド現象が発生しやすい傾向があります。二酸化炭素の排出量をすぐに減らすのは困難なことから、植物の性質を利用して環境の改善を図る手段として屋上緑化が普及しています。また、植物の緑は目の疲れを軽減させ、緊張を緩和する効果もあることから精神的な負担を減らすことも可能です。

屋上緑化を楽しむ工夫

屋上緑化は地域の環境改善だけではなく、森林浴を楽しむための施設としての側面もあります。建物の入居者やその関係者の利用に限られますが、森林公園や山地と同様の森林浴を手軽に堪能出来るのが利点です。また、屋上緑化によって虫や鳥などの小動物が飛来、定住することもあります。街中にいながらにして自然と触れ合うことが出来るのが屋上緑化の大きな魅力です。特に規模が大きい都市では公園の数も少ないことから、地域の環境改善と近隣住民の緊張の緩和を両立出来る屋上緑化は新しい都市設計の形として注目されています。屋上緑化は維持費が嵩みやすく、落ち葉や枝の飛散への対処が必要など問題点もあるので、実施の際は事前の調査や予算の確認などを必ず行い、長く継続するように努めることが大切です。

屋上緑化をすることによって、二酸化炭素削減に効果があり、都市の中に緑の植物が出現することによって、癒やしの効果も期待できます。また、建物自体の暑さ防止にも効果があります。